大人ニキビ クレイ洗顔

泡洗顔ではないもう一つのニキビ洗顔方法が「クレイ洗顔」

ニキビケアのために知っておきたい洗顔!

大人ニキビの主な原因は「肌の乾燥」。


乾燥した状態の肌はニキビ菌が増殖しやすく、そのため乾燥肌を改善しないことにはニキビの予防はできません。そこで必要になるのがたっぷりの保湿。 化粧水などで肌を保湿することが大切になります。


とはいえ、いきなり保湿をしても大きな効果は得られません。化粧水やその後に使う美容液の浸透力をあげるためには、まずは洗顔で毛穴などの汚れを綺麗にする必要があります。


ひとえに洗顔といってもただ洗えばいいのもではありません。洗顔のし過ぎは本来必要な皮脂まで洗い流してしまいますし、かえって乾燥肌を進めてしまうこともあるんです。


洗顔するにも回数ではなく、正しい洗顔が必要なんです。そこでオススメしたいのが、「クレイ洗顔」。


天然クレイは粒子が細かく、毛穴の汚れや古い角質を取り除く効果に優れているんです。(世界中にあるクレイの中でも新潟産の天然クレイは有名です。)天然クレイを配合した洗顔料を使えば、洗うたびにニキビが減っていく。そんな感覚を感じさせてくれるはずです。

 

クレイ洗顔を利用したスキンケアのコツ

クレイ洗顔は泡立てる面倒がありません!


洗顔というと石鹸などをたくさん泡立てて・・・そんなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか


クレイ洗顔ならではの特徴としては、頑張って泡を立てる必要がないこと。天然クレイそのものに汚れを吸着する、自然から与えられた不思議な力があるので泡立てる必要がないんです。


そんなクレイですから泡立てなくてもそのまま顔に軽くマッサージするように洗顔するだけで、クレイ特有の超微粒子が毛穴に入り込み、汚れを綺麗に洗い流してくれるんです。

クレイ洗顔のあとは化粧水の浸透がいい!


クレイ洗顔で毛穴の汚れや古い角質を洗い出した後は、肌の保湿です。クレイ洗顔で綺麗になった肌は有効成分が浸透しやすい状態になっていますからしっかり保湿をしてニキビを繰り返さない土台をつくる必要があります。


この土台作りに欠かせないのが、化粧水と美容液。化粧水で肌を整えて、美容液で有効成分を肌に浸透させます。


化粧水はどちらかというと肌に有効成分を与えるというよりは肌を整えるものです。ニキビ肌にとっては肌の炎症を抑える薬用成分だったり、ビタミンCを配合した化粧水を利用するのがベスト。


ビタミンCには毛穴を引き締めたり、皮脂を抑制したり、ニキビ痕を予防する効果もあるのでニキビのある肌には欠かせない美容成分なのでぜひ、毎日のケアに取り入れたいものです。

 

毎日の洗顔で気をつけたいことは?

洗顔回数は多ければ多いほどニキビにいい!?

 

洗顔をしっかりすれば、ニキビが治る、ニキビができなくなる、というわけではありませんが、美しい肌を維持するために一番大事なスキンケアは洗顔です。


ニキビができてしまうと、それこそなんとかしたい一心で洗顔する回数を増やしてしまいがちですが、これはやってはいけないこと。


必要な皮脂まで落としてしまと、肌が乾燥して余計に皮脂を補おうとするため過剰に皮脂が分泌されやすくなってしまうからです。


油取り紙を多用するのも同じことで、皮脂をふき取る行為がむしろ皮脂の分泌を促進してしまって、ニキビができやすい肌にしてしまうので要注意です。ニキビがあってもなくても洗顔は朝晩の2回で十分だということを覚えておいてください。

ニキビケアのなかで洗顔もつ役割とは?

 

繰り返しますが、洗顔だけでニキビが治ることはまずないです。洗顔はあくまで皮脂や汚れを落とすいう役割しかありません。ニキビケアの3つのステップのうちに1つだということです。


1、皮脂や古い角質を落とす(洗顔・ピーリング)
2、ビタミンCで皮脂分泌を抑える
3、肌の乾燥防ぎ、肌のターンオーバーを整えてバリア機能を守る保湿。


ニキビケアは人によって効果が出るまで個人差があります。ニキビを治すには洗顔をはじめ、「保湿」や「ビタミンC」といった時間のかかる丁寧なスキンケアをしないといけませんし、 それこそ根本的にニキビを防ごうと思ったら体質改善のための食事療法や漢方も必要になってきます。いずれにせよ、ニキビケアには継続が大切です。


泡洗顔がクレイ洗顔より優れている点というのは、モコモコの泡がクッションになって肌に刺激を与えないということ。


クレイ洗顔は汚れをしっかり吸着してくれるといっても手でゴシゴシと肌を擦ってしまうので肌にとっては泡洗顔より負担がかかります。泡立てる必要はありませんが こうしたクレイ洗顔のデメリットは覚えておいたほうがいいかもしれないですね。


それからクレイ洗顔も泡洗顔にも共通していえることは顔を洗っていく順番です。ポイントは皮脂の多い部分から洗っていくということ。 Tゾーンからスタートして、フェイスラインを経て、目元や口元の順番になります。こうすることで洗顔中の乾燥を最小限に防ぐことができます。